日昇商事有限会社|徳島県|香川県|徳島市|コンクリート 美装|打ちっぱなし 補修|塗り床|コンクリート 復元|打ちっぱなし 美装|気泡|ジャンカ|ひび割れ|

 LINE始めました!
お得な情報をお届けしますので、
申請お待ちしています!
    友だち追加
20171021090442714.png
http://sunrise-inc.net/
モバイルサイトにアクセス!
日昇商事有限会社
〒770-8006
徳島県徳島市新浜町1丁目1番30号
TEL.088-663-1871
FAX.088-663-0075
 【事業内容】
コンクリート 美装・復元工事
ローラーストーン工事
ひび割れ注入工事
コンクリート技術提案
建設資材販売
塗床工事
遮熱・断熱塗装工事
 
 

クラック(ひび割れ)・爆裂補修工事

 

クラック・爆裂補修工事 - 施工の流れ -

クラック・爆裂補修工事 - 施工の流れ -
 
 
手順1.ひび割れの調査

 
ひび割れの状態・幅・長さを充分にチェックし、行程手順の確認を行います。
標準使用材>>>クラックスケール
 
 
手順2.下地調査

 
ワイヤーブラシ・ディスクサンダーなどでシール材塗布予定部を研磨し、健全な面を出します。
油分があれば、有機溶剤などで拭きとります。
標準使用材>>>ワイヤーブラシ、ディスクサンダー
 
 
手順3.座金取付け位置の確定

 
ひび割れ幅、状況に応じて注入位置を決定いたします。
 
 
手順4.座金取付け

 
シール材を注入用座金に塗布し、ひびわれの真上に座金の中心を合わせて取り付けます。
標準使用具>>>ヘラ
標準使用材>>>E390、クイックメンダー、はくりシールONE
 
 
手順5.シール

 
ひび割れ部表面をシール材で確実にシールし、注入樹脂が流出しないようにいたします。またシール材の硬化を確認いたします。(速硬化~24時間)
標準使用材>>>クラックスケール
 
 
手順6.注入

 
ボンド、シリンダーを用いて注入作業を行います。
(ひび割れ幅が大きい場合は座金を通じてポンプなどで先行注入をする)
シリンダー内の注入材が硬化前になくなれば、すみやかに注入材を満杯にしたシリンダーと取替え注入を続けます。
また、注入用樹脂の硬化(約24時間)後、シリンダーを除去いたします。
標準使用材>>>E205、E206、E207D、E2420、E2420D
 
 
手順7.座金・シール材除去

 
注入座金を取り外す。シール材の除去は、ディスクサンダーや皮すきを用いて行います。
標準使用具>>>ディスクサンダー、皮すき
 
 
 
手順8.完了!
<<日昇商事有限会社>> 〒770-8006 徳島県徳島市新浜町1丁目1番30号 TEL:088-663-1871 FAX:088-663-0075